好きなことを仕事にする副業ブログ|ウェルスグローのモバカフェ、mobacafe

2021年最新!Wealthgrow、モバカフェ/mobacafeの副業が今熱い!

転売ビジネスで特商法を守って取引を行う必要性

time 2021/05/28

電子商取引にはルールがある

転売ビジネスはネット副業としてスキマ時間で稼げますが、電子商取引を行うためガイドラインとして特商法が定められています。

特商法は消費者庁が安心して取引ができるように定め、不正行為をしないように誇大広告や勧誘、押し売りなどを禁止し違反すると罰則規定があり注意が必要です。

電子商取引は対面販売ではなく不正が起きやすく、特商法は安心してサービスを利用してもらえるようルールを定めています。
特商法に関する表記は通販サイトやネットショップを運営するために必要不可欠で、利用者はきちんと確かめて選ばないと詐欺にあう可能性が高いです。

商品を売るためにはセールスライティングを行いますが、誇大広告をすれば信用を失い悪い口コミや評判を流されることになります。

お互いに信用できるようにしよう

特商法は売り手と買い手がお互いに信用できるように定められ、せどりや転売ビジネスをするためには必要不可欠です。
電子商取引は注文しても偽物の商品を送りつけられるなどのトラブルが起きやすく、クーリングオフや返金対応があるか確かめて利用しないといけません。

利益を出すためにはリピーターを確保すると確実に商品を購入してもらえるようになり、そのためには信用を失わないようにする必要があります。

最近では商品に関するレビューを書くことができ、不正行為をすると口コミや評判で流されて利用者を失い在庫を抱えてしまうことになります。

このため、信用できるようにするためには何が重要であるか考え、ニーズに応えるようコミュニケーションをすることが大事です。

通販サイトやネットショップは詐欺が多く注意が必要

転売ビジネスやせどりをするときは商品を仕入れて売り手を探しますが、偽物であればそのまま売れば信用を失うことになります。

通販サイトから商品を仕入れるときは運営会社の情報を確かめ、住所や電話番号、メールアドレスが明記され特商法による表記があれば安心して利用しやすいです。

しかし、実際には特商法による表記がなく曖昧な情報しかなく、セールの内容や価格の安さだけで利用すると逆に損をしたり相手に迷惑をかけることになります。

通販サイトやネットショップを利用するときは事前に調査し、トラブルが起きてもすぐに対応してもらえるようにすることが大事です。

特商法はこのような詐欺やトラブルを防ぐために消費者庁がルールを定めているため、きちんと理解して取引を行うよう心がけると安心できます。